ゴールド会員センテー(選定)試験 合格発表

3月5日のホーム開幕戦となる湘南戦の試合前に、川崎フロンターレ後援会「ゴールド会員センテー(選定)試験」の合格発表を行いました。

20年間継続してファンクラブ・後援会に入会しているけれども、1997年当時の会員証が見つからないという方のために2月13日に実施したセンター試験、ならぬセンテー試験。本物の大学入試さながらに、合格発表も受験番号を掲示板に貼り出すというスタイルで実施しました。(センター試験には合格発表がない、最近の合格発表は掲示板に貼り出されない、などの指摘は受け付けません 笑)

合格発表と言えば胴上げ、胴上げと言えばアメフト(?)、アメフトと言えば富士通フロンティアーズ。ということで、ダメもとで「センテー試験の合格者の胴上げをしに、等々力へ来ていただけませんか? 3月27日福岡戦の『アメフトーーク!』の告知もできますし」と聞いてみたところ、快くOKの回答が。当日は、午後から練習があるにもかかわらず、フロンパーク開園の11:30に合わせて、常盤真也GMと#11西村豪哲、#57斎田哲也、#66望月俊、#75勝山晃、#89福井雄哉の5選手が来てくれました。

しかし、ここで一抹の不安が。問題作成を担当したスタッフも予想外のレベルの高さで、100点満点で80点以上が合格のところ、平均点が50.5点。92人の受験者に対して合格者は、わずか3名。この3人がこの日の湘南戦を見に来なかったら、来たとしても11:30にフロンパークに現れなかったら、フロンティアーズの選手が来てくれたのに胴上げが実行できないのです。しかも、この日が発表ですから、事前に「あなた『合格』なので、11:30に来てください」と連絡することもできません。

そして迎えたフロンパーク開園。「まあ、ノリのいいフロンターレサポーター、それも20年応援してくれている人たちのこと、少なくとも1人は来てくれるだろう」という根拠のない自信は、見事に打ち砕かれました。何と発表の場に合格者はだれも現れず… 結局、フロンティアーズの皆さんには、その場にいた70点以上の成績上位者の方、後援会の相原常務理事、そして「とにかく胴上げされてみたい方」を胴上げしていただきました。

何はともあれ、そのあとしっかりとゴールド会員証を受け取りに来ていただいたセンテー試験合格者の3名の方、本当におめでとうございます! そして、想定外の状況にもにこやかに対応していただいた富士通フロンティアーズの皆さん、本当にありがとうございました。3月27日の「アメフトーーク!」もよろしくお願いします。